青汁の栄養と共に味わうお菓子のレシピをご紹介

お店でたくさん売られているお菓子。目にも舌にも楽しみをもたらしてくれますが、どうも値段が高いという点にネックを感じられる方が多いのではないでしょうか。毎日専門店でお菓子を購入していたら、それこそ毎月の食費が大変なことになってしまいますね。

自分で作ることが出来てしまう

食費を抑えながら、おいしいお菓子を楽しみたいならば自分で作ることをオススメします。昔からお菓子作りを趣味とされる方は多く、料理本を探せばお菓子作りの本がたくさん発売されているのです。今までお菓子を作ったことがないという方でも挑戦されてみてはいかがでしょうか。

青汁に飽きてしまった、青汁を買ったはいいものの結局飲まなくて大量に放置されているという方も、お菓子を作れば青汁を効率よく消費できますよ。

粉もの類と混ぜてしまう

青汁は大抵粉末になって送られてきます。つまりお菓子を作るときに、粉もの類例えば小麦粉や片栗粉に混ぜ込んでしまえば大量に消費できてしまうという利点を持っています。一袋の中にはそれほどの量が入っていないため、まずい青汁でもたくさん消費できるのがうれしいところです。

クッキーやおまんじゅうは定番

クッキーを作るとき、あるいはおまんじゅうを作るときに青汁の粉末を入れることは昔からの定番です。どちらも上手に作れば、鮮やかな緑色の映えるおいしそうなお菓子に仕上がるため青汁の緑色に感謝したくなります。

白玉団子に入れるのもアリ

ただ、クッキーもおまんじゅうもなかなか作るのに手間がかかります。そこでどんなご家庭でも手軽に作れて、なおかつ青汁の緑色が綺麗に出るお菓子として「白玉団子」がおすすめです。白玉粉とお水と青汁とあんこがあれば、すぐに作れます。

白玉団子の作り方は、白玉粉の袋に書いてありますからそちらをご参照いただくとして白玉粉をお水で混ぜる際青汁も一緒に入れてしまいましょう。そうすれば綺麗に混ざりますし、丸めてゆであげた後綺麗な緑色が出てきます。あんこをのせればすぐにいただけますから、お子さんと一緒に作るとよいでしょう。

甘さの中に苦みをトッピング

青汁の量によって変わりますが、多少苦みを感じることがあるかも知れません。しかしお菓子ならではの甘みと相まって、苦みがむしろ甘みを引き立たせるいいアクセントになってくれるでしょう。たくさん青汁が余っているというのであれば、ちゃっちゃとお菓子に作り替えてお酒と青汁栄養と共に味わってみてはいかがでしょうか。

販売会社が定期購入コースをお得にしてくれる本音

割引や値引きという言葉に弱い方は多いのではないでしょうか。今なら普段よりもいくら割引になるから、この商品を購入した方がよいと言われ購入した経験をお持ちの方も多いでしょう。また、家電量販店などで値引きを依頼し結構お得なお値段で買えてしまったという方も少なくありません。

まとめて買えば安くなる

商品を安く買うためには「まとめて買うこと」が有利に働きます。ここでいう「まとめて」とは、商品の数量だけではなく商品を購入する期間の長短も含まれます。商品の売り手にとってみたら、在庫を持たなくてもよいですし最低限ずっと買ってくれる人がいれば経営が安定するため多少割り引いてでもお客様を集めようと躍起になっているのです。

青汁も定期購入で安くなる

青汁の定期購入も、青汁を長期間にわたって購入するという契約ですからステラの贅沢青汁 ダイエットの販売会社も普通の青汁より値段を下げて販売してくれます。普通の青汁よりも数パーセント下げてくれますし、一年を通して販売してくれますからトータルでの支払額が大きく節約されるのです。

長く買ってくれる人には少しでも安く

青汁販売会社としても、長く買ってくれる人は優良なお客さんですから多少安く販売しようという考え方が生まれます。そうでなくとも「定期購入コースのお客様が増えれば、会社の経営が安定するから」という理由で、青汁の定期購入コースでの販売価格を引き下げ、「あなたもこの機会に始めてみませんか」と顧客開拓を行っているのです。長く買ってくれる人ほど、たくさんの商品を買ってくれるわけですから在庫を抱えてしまうリスクも減りますし収入が安定するというメリットも得られます。

注文受ける手間も省くことが出来るから

販売会社にとって、定期購入をしてくれる人へ価格を引き下げる理由がもう一つあります。それは「注文を受ける手間を省くことが出来る」という点です。もちろんその都度発注されるお客様から注文を受ける窓口を持っています。しかし、定期購入の人はそちらへ電話をしてくれることはほとんどありません。そのため、オペレーターの数を必要以上に増やさなくてもよいことからコストを削減できるのです。

使用頻度に応じて定期購入も考えよう

もしもあなたが毎日たくさんの青汁を飲むというのであるならば、定期購入を検討されてみてはいかがでしょうか。ご家族で青汁を飲んでいるという方も、在庫をいつもストックしておけるよう定期購入コースへのお申し込みをオススメします。